イメージを変えたい!実は豊富なウィッグの染め方

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

具体的なイメージはあるけれども、そのイメージにあったウィッグがなかなか見つからない、なんて悩みをお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。色味は合っているものの長さが合わない…という場合、自分でカットして好みの髪型にすることはできても、逆のパターンはなかなか難しいものです。
しかし、正しい方法を知っておくことで自分のイメージ通りに髪色を染めることは不可能ではありません。染め方も1つではなく複数あるため、より近しいイメージにできそうな染め方を探してみましょう。
ただし、元々暗い色のウィッグの場合は染めることは難しいため注意が必要です。

道具を使って鮮やかに染める

地毛を染める時と同じように市販のカラー剤を使用してカラーリングをすることもできますが、市販のカラー剤は人毛以外の場合記名に染めることはできません。そのため、もし使用されているのが化学繊維であった場合、別の方法を使って染めるのが手軽です。
例えば手近な道具、油性ペンや油性マジックを使って染めることも可能です。染めるというよりは色を塗るという感覚で、除光液などを使用して少し色を延ばしていくと上手くいきます。色の数が豊富にあるため、イメージに近づけやすいというメリットがあります。
ヘアチョークという専用の道具も販売されています。これは着色したい部分を霧吹きなどを使用してしっかりと濡らしておき、そこにチョークを塗り、コームなどで全体に色を馴染ませる、という方法で染めていきます。ムラが少なく、グラデーションなども入れやすいのが特徴です。

染料などで煮出して染める

前述した手に入りやすい道具を使用して染めることもできますが、本当に毛を染めることも可能です。
最も簡単な方法としては、化学繊維を染めるための染料を使用するという方法です。染料をお湯に溶かしておき、そこに漬け込むという方法で染めていきます。漬け込む時間によって色の入り方が変わってくるため、自分の好みの色になるまで適度に確認しておくことがおすすめです。
少々手のかかる方法ではありますが、少し変わった方法で紅茶で染めるというものもあります。紅茶を煮出した鍋などに漬け込むという方法ですが、染まり方は薄いため、元が白色に近しいものを淡く染めたい、という場合に活用しましょう。
このように、ウィッグの染め方はいくつかあります。手軽に染めやすい、色を出しやすいなど自分に合った染め方を見つけると便利です。