ウィッグを違和感なく被るために

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィッグを使って手軽にイメチェンしたい、ちょっとコスプレをしたい、そんな時、ネットは欠かせない存在です。普段とは違う髪色のものを被る場合、地毛が見えてしまうと美しく被ることはできません。ネットを使うことで綺麗にウィッグを被ることができるのです。
ショートでもロングでも、被る前にまずはネットを使って下準備をしましょう。ネットだけではなく、ヘアピンなども用意しておくとより綺麗に被ることが可能です。事前にネットを少し伸ばしておくと被りやすくなりますよ。
耳元などネットの網目から自分の髪がはみ出してしまうと美しく見せることができません。簡単に綺麗に被ることができるよう、ネットの被り方にも十分に気を付けましょう。

ショートの場合の被り方

まずは前髪や横髪など、見えやすい部分をヘアピンで止めましょう。この時真ん中を1か所止める、という状態でも可能ですが、できるだけ根本や毛先の部分までしっかりと止めておくとネットからはみ出す心配がありません。
次にネットを頭から被ります。ネットはゴムになっている部分が下になるので、ゴムが額にくるようにグイっと持ち上げます。この時、耳周りの毛が出てきやすくなるため、鏡などで確認しながら慎重に出すことが大切です。
長めのネットが多いため、あまった部分は頭の形に添って少し折りたたむようにしましょう。余った部分を結んでしまうとその部分が盛り上がってしまうことがあるため、この部分もヘアピンで止めておくのがおすすめです。

ロングの場合の被り方

ショートの時と異なり、ロングの方はまず地毛の量が多いため、はみ出すことが無いよう特に気を遣って被る必要があります。ロングの場合、先にネットを被っておいたほうが安心です。
ネットを被った状態で前髪や横髪をヘアピンで止めます。後ろ髪は手で1つにまとめ、ゴムで結ぶのではなくねじるようにして上まで上げましょう。結んでしまうとそこが盛り上がることがあります。髪が1か所に固まってしまうことが無いようにヘアピンを活用して頭部全体を覆うようなイメージで止めていきましょう。
しっかりと髪を固定したことを確認したのち、ネットを頭全体を覆うようにグイっと持ち上げます。ショートの時とは異なり残っているネットの長さが短いこともあるため、キャラメルの包み紙のような要領でまずは左右を重ね、次に上から下、最後に下から上に持ち上げるようなイメージでネットを重ねて畳み込み、ヘアピンで止めましょう。